公認心理師の求人・転職・就職サイト

06-7638-8992

求人情報

求人情報

求人情報

【塾生募集】クリニックで勤務しながら公認心理師受験に挑戦しませんか? 全国初!公認心理師臨床研修プログラム/宮城

事業者名
黒松内科附属 公認心理師養成塾「陽明館」
募集内容
★2019年5月1日(新元号発足日)に立ち上げ!
 黒松内科附属公認心理師養成塾「陽明館」の塾生1期生を募集!

★試験日まで実務研修を提供し、受験勉強をサポート。
 また、9月の合格発表まで「学修生」として
 黒松内科すぎもとクリニックでパート職員として勤務いただけます。

★国家試験に合格すれば、10月から「研修生」として
 黒松内科すぎもとクリニックで正職員として勤務いただけます。
 2年6カ月間、臨床研修を提供します。

〈応募資格〉
2019年3月までに心理系大学院修士課程を修了し、
2019年公認心理師国家試験の受験資格があり(受験区分D1/ D2)、
受験予定の者

過渡的特例措置として、「陽明館」塾生4期生までは、大学院を修了してなくても、現任者講習会を受講し、受験区分Gにて、公認心理師国家試験を受ける者も応募を「可」とします。ただし「陽明館」は若手の育成を目的にしているため、若年の方を優先します。

1期生の応募資格は、2019年に受験予定の者です。

〈陽明館1期生の今後の流れ〉
2019年9月まで 入塾(入門):学修生として、臨床心理学を勉強する
機会を得られます。また、公認心理師心得として、黒松内科でパート職員
(日給制)として雇用されます。
 8月 国家試験
 9月 合格発表:合格するまで、学修生のまま。
 10月 合格者は研修生として2年半の臨床研修を受けられます。
    また、公認心理師として、黒松内科で正職員(月給制)として
    雇用されます。
塾生(学修生~研修生)は、最短で2年半で公認心理師研修プログラムを
終了(卒塾)できますが、国試に合格しないと学修生の期間が延長されます。

「陽明館」の公認心理師研修プログラムは国試をまたいでおりますので、国試合格後にプログラムから離脱することは原則認めておりません。また素行の悪い者・成績不振者(国試を2回受けて不合格の者)は、退塾を促します。

〈業務内容〉
心理カウンセリング、心理テスト、その他
臨床研修プログラムに沿って研修

〈応募方法〉
・WEB応募可
・締切:2019年9月30日
・入塾希望の旨を塾長 杉本是明まで
 メール(k-s@umin.ac.jp)にてご連絡ください。
 履歴書のフォーマットをメールで送ります。

〈採用試験〉
1)採用試験は入塾(入門)試験でもありますので、
  下記のような選考を行います。

【1次試験】
①書類審査(履歴書等)
  ↓
【2次試験】
②学力考査(国語、英語)*
  ↓
③面接

*学力考査は中学卒業程度のレベルです。

2)試験日時・ 試験場
試験日時:2019年9月までに適宜実施
試験場:黒松内科すぎもとクリニック(宮城県仙台市)

3)2019年募集人数:2名まで(陽明館塾生1期生)

4)入塾(入門)予定:2019年10月まで
  合格(入門)レベルに達した者が内定次第、募集を終了します。

※詳細は、病院ホームページ(下記ボタンをクリック)を
 ご確認ください。

※こころJOB の記事もご参照ください
(https://cocoro-job.jp/exam/723/)。
雇用形態
【学修生の場合:黒松内科すぎもとクリニックのパート職員として雇用】
業務内容:公認心理師に準ずる仕事(公認心理師心得として雇用)
就業形態:週3日ほど8時間勤務、あとは自宅で受験勉強
報酬:日給1万円(大学院修士修了者の場合)、交通費支給
福利厚生:社会保険・雇用保険・労災保険加入は要相談、学会参加費補助
公認心理師国家試験受験をバックアップします。

【研修生の場合:黒松内科すぎもとクリニックの正職員として雇用】
業務内容:公認心理師としての仕事(公認心理師として雇用)
就業形態:正職員(月火木金は8時間、水土は4時間勤務)
報酬:基本給21万円~、資格手当1万円、保険手当1.1万円、交通費支給
福利厚生:社会保険・雇用保険・労災保険加入、学会参加費補助
勤務地・応募先
〈勤務地〉
黒松内科すぎもとクリニック
(〒981-8006 宮城県仙台市泉区黒松1-31-9 杉本ビル)

〈応募先〉
黒松内科附属 公認心理師養成塾「陽明館」 塾長
黒松内科すぎもとクリニック 院長
医師・公認心理師 杉本是明(医学博士)

まずはメールでお問い合わせください。
k-s@umin.ac.jp

TOP